SIT-6E

概要

ETI SIT–6Eセンサは、APSまたはEUR直列制御盤と併用した場合、多用途でコスト効果のある自動融雪コントローラーです。正確に舗装感度を測定し、舗装面の雪と氷の状態を確実に検知します。雪が止んでから完全に融雪するように、SIT-6Eの内蔵保持タイマが、1時間にわたりヒータを作動し続けます。どのように作動するのか?温度が38º Fahrenheit (3.3º Celsius) 以下になり、雪が残っていると、ETI SIT-6E舗装搭載センサがヒーティングケーブルを作動させるため信号を送信します。マイクロコントローラ技術によって正確に温度測定を行いながら、効果的に氷柱を無くします。外付け舗装温度センサは不要です。ETI SIT-6Eは、近くのヒーティングケーブルの中間に取り付けるのが普通です。内部ヒーティングが極めて小さいことから、保持時間を最小にすることで、追加エネルギーを保存する舗装として、基本的に同一時間でセンサがクリアします。SIT-6Eは、制御盤からの電源で作動する、NEC Class 2デバイスです。

製品の追加情報:

  1. 設置容易
  2. 制御盤から2,000' (609.6m) 離して設置可能
  3. センサ小組立品は、舗装の妨げにならずに現場で交換可能

対象産業:
化学および製薬
食品および飲料
海洋
鉱業
石油およびガス
電力

文書

データシート

保証

Inspired Solutions for a Changing World